続きます。

 

 

 

今。は。もう。

歌詞がだめじゃない?

 

「いつまでもここにいたいけれども」

「旅立つ夢をみてしまったことを」

 

 

ずるい。もはや、ひどい。(笑)

 

 

すばちゃん、ここ数年で、ダンスを急に頑張るようになって、

ワサビとか、BoNとかもう本当にきゅんきゅんするほど大好きで、

今、も、もうめちゃくちゃにかわいくて、これからがしがし踊ってくれるのが本当に楽しみで、去年はじめて、双眼鏡を買ったくらいで。

 

しかも、前回の最後の曲だったから。

すばちゃんが、いつから卒業を視野にいれていたか知らないけど、

これ、すばちゃん、去年のオーラスでどんな気持ちで踊っていたんだろう。と思うと。

 

アイドルの肩書を捨てたすばちゃんは、もう、この6人と並んで、ダンスなんかしてくれないんだ。と思うと。

 

もう本当に本当に涙が止まらなくて、

なんで?どうして?ってだだこねるみたいな気持ちで。

 

 

 

見ても見ても、探しても、彼はいないわけです。

 

 

 

ねえ、もういいよ、6人は見飽きてきたから、出てきていいんだよー。みたいな、

そんな気持ちでした。

 

 あとねえまるちゃん、すばちゃんの代打パート忘れたのよ。

「ふざけんな!」って、ひとりで泣きながら呟いてしまった。申し訳ない。

 

 

 

 

 

へそまがりね、私これ大好きなのね。

 

当時、ラジオでこれ聴いて、びびび!!ってきて、

これまでの新曲のなかでいっちばんすき!って、学校で昔騒いでたの今でも覚えているくらいで。

 

 まるちゃん、代打頑張ってるね。

 

 

 

 

 

ER2も、好きだもんこれめっちゃ好きです。

 

赤レンジャーのパートは赤レンジャーのものだけなんだよ

何度も同じことの繰り返しになってきた。

 

映画のレンジャー2、ただの偶然なのに、レッドが抜けるとか、抜けないとか、

そういう話でしたね。

 

 

(笑)。

 

 

 

 

 

 

ユニットね、ここくらい落ち着くと思っていたのにね。

 

わたし鏡聴きながら、desireのこと不意に思い出したりして、

そこからエイタメのmy storeで、大倉のかわり精いっぱいやっていたこと、

その派生で、宇宙にいったライオンとか、勝手に仕上がれとかもう聴けないんじゃね、と思ったり、

ユニット決めで、「俺みんなのこと好きやから選べへん」て言ったこととか、思い出して。

 

 

なんというか、わたしまだまだ、すばちゃんの歌声で聴きたい曲いっぱいあったし、

すばちゃん、あなたが誰よりメンバーに依存してたと思っていたし、

6人のこと大好きだったのあなたじゃない、って

 

それと同時に、思い出すのは、涙目で会見をする姿だったりもして、

 

もう、なんでなんでなんでってすっごく思ってしまって、

ばかみたいに泣いてしまってた。

いや、曲聴けよ(笑)ってね。ほんとそれ

 

 

 

それでふっと意識戻したら、Kingで、「赤い官能のすばる」が、見事にふっとばされて、「1.2.3.4.5.6.7.8」のカウントもしんごの声になってて。

 

もう本当に、ゾッとしました。

 

 

現実怖すぎた。

 

 

 

 

 ひびき、涙の声はもう立つ気にもならなくて、ぼーっとしながらぽろぽろ泣いてました。

 

キン男も、もうやらなくていいのでは?(笑)

 

ER2で、すばちゃんのパート飛ばしたように、つっぱって!のところ、飛ばして編集してよかったのに、、、なあ。

 

 

 

罪夏はね、

個人的に、すごく思い入れのある曲なのもあって、また辛くて辛くて、

 

ここらへんから、1日目は、「あ、もう私この場にいられないかもしれない」と思っていたし、2日目は、完全に、無。でした。

 

クローバーも、聴いてもまるすばの絡みないし、

ってもうなんか、ふてくされているみたいな気持ちだったな正直。

 

 

1日目は、天井だったから、ぼーっとできたけど、

2日目は、1階スタンドに入らせてもらっていたので。

 

メンバーがトロッコのって、わあああ、って沸いている会場と、自分の温度差に

悲しくなって。

 

私、追いたい人、いないなあ。

 

って。

 

エイター、もう無理かもなあって思っていたのはここらへんです。

 

 

 

最後の挨拶。

 

 

2日目がね、すっごく良かったの。

 

関ジャニさん本当に楽しそうで、本当に本当にかわいくてかっこよくて、

 

でもその姿がもうすっっっっごく寂しくて。

 

わたしとか、すばちゃんのこと、もう頼っていないんだな、と、

 

もう、6人で前向いているんだ、向けているんだ、と。

 

もっと、すばちゃんがいないと辛いです!みたいな、そんな風になっていると勝手に慢心していた。

 

全然大丈夫そうすぎて、もう、どれだけそれが悲しいか。

 

 

 

しんごが、きらっきらの笑顔で、たのしーーーー!てしているのが、

辛かった。すごく、辛かった。

 

 嘘じゃん。メインボーカルの、センターの、赤色が、いないんですよ。

 

なんでだ、本当に、それで良いの?なんでそんな感じなの?って、

 

 

本当になんて言えばいいかわからないけど、胸が苦しくて、ぼろっぼろ涙でました。

 

ロマネスクは、記憶ないです。

 

 

 

1日目は、もう本当に耐えられなくて、ここで飛び出すように会場を出て、外でひとりで泣いてました。夜でよかった。

 

 

 

2日目のアンコールは、なんとなく留まっていたという感じで(四兄弟もいてくれたし)、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかねえ、まだまだ、全然、6人、正直無理でした。

 

無理っていうとあれだけど・・・・・・けど、本当に、苦しすぎた。

 

 

これ書いたら少しはおさまると思っていたけれど、今も書きながら、苦しくて辛くて寂しい。

 

 

 

「信五がにっこにこしてて、笑いすぎて上手く話せないくらいで、それが本当に嬉しくて苦しくて切なくて、そこまで至るまでの彼の心を思うと辛くて仕方がなくて、わたしも泣いてばっかりいちゃいけなくてそんなのわかっているのに、そんなことしたらすばちゃんが本当にエイトじゃなくなってしまう気がして、

 

本当に6人かっっこいいんだよ、ここに、もはじめて聴いたけどすっごい良かったよ、でもどうしてもまだすばちゃんを置いていってほしくなくて、わたしのことを置いて走っていってほしくなくて、でもそんなの我儘だし泣いたって仕方のないことで、全部全部わかってて、でも関ジャニ∞は7人なんだ絶対に

 

6人の関ジャニにまだ慣れたくなくて、盛り上がりたくなくて、まだまだ関ジャニ∞にはすばちゃんが必要だとそう思わせてほしくて、だってすばちゃんは今までずっとずっとメインボーカルでいたはずで、絶対的な赤色センターのはずで、そのひとが抜けていいはずない、だれも代わりなんてできるはずない

 

ずっと違和感を感じていたくて、欠けた音をずっとずっと待ち続けていたくて、じゃないとすばちゃんは本当に戻ってこれない、戻ってこようとしてくれなくて、でもそんなことしなくたって彼はジャニーズを辞めるから、戻ってこないしわかってるしわかってるしそんなものは、ねえ、そうなんだよ

 

でもでもわたしはずっとずっと関ジャニ∞渋谷すばるを待ち続けたくて、終わらせたくなくて、みんながどれだけ盛り上がっていようと会場の隅で泣き続けていたくて、でもそんなの絶対良くなくて淘汰される存在で、でも渋谷担だったんだから仕方がなくて、ああもう涙出てきた」

 

 

終演後にこうツイートしたけど、本当にその通りです。

 

 

まだまだ、めちゃくちゃに未練たらたらで、全然すばちゃんの面影を探しているし、

彼にしか歌えないパートをほかのメンバーがカバーしているのも受け止められないし、

すばちゃんがいないと魅力が出ない曲もたくさんあった。

 

 

6人はこんなにかっこいいのに、こんなに良いグループなのに、

これのなにがだめだったんだろう。なんで留まれなかったんだろう。

 

まだまだ、「関ジャニ∞の」渋谷すばる担として、存在していたくて、

皆がどれだけ盛り上がっていても隅で泣いている存在でいないと、ダメな気さえしていて、

 

ただのファンのわがままだし、邪魔になる存在なのだけれど、

 

 

もう本当に純粋に、すばちゃんに会いたいくて、それだけです。

 

関ジャニ∞のアイドルやってる渋谷すばるが大好きだったのです…

 

 

 

落ちがない。

 

とにかく、本当に、

ドームに立って、魂を叫ぶ渋谷すばるに会いたいです。

関ジャニ∞をキャリアにしないで、お願いだよ、と泣きたい気持ちです。

 

 

現実はかわらなくて、わたしが変わらないと、エイターやっていけないね、

 

今後どうなるかは、また1年、おかないとわからないです。

 

 

 

 

 

ここまで読んでくれた人絶対いない気がしますが(笑)

 

ありがとうございました。

 

ただの覚書なので、随時勝手に、編集したりします。